--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.05.23 (Thu)

劇ケロ3感想的な

ドッチガスキナノー

ようやくこなれてきた感


超劇場版3、DVD購入しましたー!
映画館で1回観ただけなのにも関わらず、今でも覚えてるシーン(主にギャグシーン)がかなり多くて自分でも驚きました…ww
「究極の墓石」とかエセ外国人コス軍曹とかシヴァヴァの散り際とか当時かなり子供たちにウケてた覚えが。私もめちゃくちゃ笑いましたけど!
3はシリアスとギャグの配分がケロロらしくてちょうど良いと思うんですよー。
肩の力抜いて楽しめますよね。


で。
何と言ってももうダークケロロが可哀想で可哀想で…!!
支配のためだけにキルルに造られた存在って設定がもう…

生まれたばっかで何も経験してない上に支配者としての知識しか持ってないせいで、部下には反感買ったあげく邪魔者扱いされ、
皮肉にもこれらとの対比のように冬樹とケロロ・その他のコンビや小隊メンバーの絆が丁寧に描かれてるから尚更。

だからこそ、終盤のダークケロロをフッキー(と軍曹)が庇うシーンが生きてくるんですよね。
ダークケロロにとって、命令とか下僕とかそういう関係でなく、
自分の意思で何かをしてくれた人はあの時のフッキーが初めてで。
そりゃありがとうとも言いたくなるわ…

極めつけはあのエンディング。
道中食べてたおにぎりはモアちゃんが作ってくれてたお弁当の残りなんでしょうか…かわいい。
ちゃっかりダークケロロに着いて行ってるシヴァヴァとドルルにも和む!
原案やノベライズだと二人ともブタ箱にぶち込まれてるのに!
日向姉弟もどきに見つかっててんやわんやな所を眺めて苦笑してるシヴァヴァの表情が好きです。なんか世話焼きっぽくていい…


ひとまずダークケロロについてはこのくらいで切り上げようと思います。
ツイッターだと流暢に語れるのにブログに書くとなると途端まとまりが悪くなるのは何故なんでしょうかね…
その他のキャラについては近々別の記事で書きたいと思います!
22:36  |  ケロロ軍曹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iyokanya.blog73.fc2.com/tb.php/297-2db0f68d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。